トナーカートリッジの購入費用を抑える方法


印刷機オフィスでは社内会議で使用する資料の印刷も頻繁に行われますし、プレゼン用の資料作成、社員に配るためのプリントなどもコピーされています。オフィスに設置されているプリンターや複合機は常に稼働している状態ですし、当然トナーカートリッジの消費量も半端ないでしょう。オフィスのプリンターや複合機で使用しているトナーカートリッジは比較的高価なものですし、できることなら節約したいと考えている企業経営者の方も多いのではないでしょうか。

純正品のトナーカートリッジを購入するとどうしても高くついてしまいますが、トナーカートリッジがないことには印刷もできません。そのため仕方なく消耗品だと割り切って購入しているでしょうが、実はトナーカートリッジの購入費用を抑える方法も存在します。ここでは、トナーカートリッジの購入費用を抑える方法、経費削減が可能になる方法についていくつかご紹介しますから、今後の参考にしていただけると幸いです。

リサイクルトナーを利用する

先ほども触れたように、プリンターや複合機で使用するトナーカートリッジは高いです。純正品を購入するとなるとどうしても高くついてしまいますから、そこが最大のネックと言えるでしょう。しかし、高いからといって購入しないわけにはいきませんし、オフィスが機能するには絶対的にトナーカートリッジは必要です。高くても純正品を買わなくては、と思い込んでいる方も少なくありませんが、実はプリンターや複合機のトナーカートリッジは純正品でなくても利用できます。

まず一つ目の提案として、リサイクルトナーを利用することをおススメします。リサイクルトナーは再生品のトナーカートリッジで、純正品よりもリーズナブルな価格で販売されていることが最大の特徴と言えるでしょう。かなり安く販売されているトナーもありますし、これだと純正品に比べて6~7割ほど経費削減することも不可能ではありません。経費削減効果が高いため多くの企業が導入していますし、それだけ経費削減効果が実証されているということでしょう。

リサイクルトナーは印字に不具合が多いという話もありますが、現在ではそのようなこともほとんどありません。確かにリサイクルトナーが世に出回り始めたころだとそのようなこともあったのですが、現在では改良に改良が加えられ、ほとんど不具合を起こすことはないのです。しかも、リサイクルトナー業者の多くは保証を設けていますから、仮に印字に不具合が発生したとしても保証で対応してくれます。これなら安心してリサイクルトナーを利用できますよね。

購入先のショップを比較する

ネットトナーカートリッジを販売しているショップはたくさんありますし、インターネット通販しているお店も少なくありません。お店によって販売価格などは大きく異なりますから、それぞれのショップの価格を比較しながら購入するのはおススメです。割と高く価格を設定しているお店もあれば、安く設定しているところもありますからいろいろなショップの設定価格をチェックしてみましょう。

実店舗で購入するよりもネット通販などで購入したほうが基本的に安くなるケースがほとんどです。ネットショップだと店舗が必要ありませんし、人件費などの経費もほとんどかからないため商品価格を安く設定することが可能です。結果的に消費者に安く商品を提供することができますから、安くトナーカートリッジを手に入れたいのならネットショップのほうがおススメではないでしょうか。また、価格を比較するのもやはりネットショップのほうが比較しやすい傾向にあります。

キャンペーンや送料

できるだけ安く販売しているところで購入する、というのは基本ですが、トナーカートリッジを扱っているショップによってはキャンペーンなどを実施していることもあります。キャンペーン実施期間中ならさらに安く購入することもできるでしょう。定期的にキャンペーンを行っているところもあれば、突発的に単発でキャンペーンを実施しているようなショップもありますから、気になるショップについてはこまめに情報をチェックすることをおススメします。

また、商品価格だけでなく送料についてもきちんとチェックしておきましょう。いくらトナーカートリッジ本体の価格が安くても送料が高いとなると問題です。送料もお店によって異なりますし、高いところもあれば安くしているところもあります。条件つきで無料、無条件で送料無料というショップもありますから、できればそのようなお店で購入したほうがお得になります。何度も購入する場合だと送料もバカになりませんから、できるだけ送料無料のお店を選ぶべきです。

送料が無料でも商品価格が高いとなるとこれも意味がありませんから、商品価格と送料どちらもしっかり確認する必要があります。せっかく送料が無料とあっても商品価格そのものが高いとなると意味がありません。結果的に高くなってしまうのならまったくの無意味ですから、どちらも確認しておく必要があります。キャンペーンや送料、商品価格などを確認してもっともお得になるところでトナーカートリッジを購入しましょう。

まとめ

トナートナーカートリッジの購入費用を抑える方法についていくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。いろいろな方法がありますが、もっとも効果的な方法はリサイクルトナーを利用することです。多くの企業がすでにリサイクルトナーを導入していますし、大きな経費削減効果も実感できているのではないでしょうか。大幅な経費削減、購入費用の抑制を考えるのならまずはリサイクルトナーに目を付けたほうが良いでしょう。

リサイクルトナーにあまり良いイメージを持っていない方もいるようですが、先ほどもお話したように現在のリサイクルトナーは不具合などもほとんどありませんし、そこまで神経質になることはありません。また、仮に不具合が起きたとしても業者に保証が用意されていればそれで対応してもらえます。新品と交換してくれるケースがほとんどですから実質被害はありません。保証がきちんと備わっているリサイクルトナー業者を見つければ何ら問題はないでしょう。


関連記事