詰め替えインクを利用


詰め替えインクとはどのようなものでしょうか。それは詰め替え用のインクを購入し、自分でインクカートリッジにインクを足す方法を指します。互換インクよりもさらに費用を安く抑えることができるので、この方法を利用しない手はないでしょう。では、詰め替えインクを利用することによって、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリットはやはり費用です。費用をかなり安く抑えることができるので、何はなくとも費用を抑えたいという時には力を発揮します。また、同じインクカートリッジを繰り返し使うことになるので環境にやさしく、エコにもつながります。

一方のデメリットですが、詰め替え作業が面倒だということです。実際に、詰め替え作業中に手が汚れることがありますので注意が必要です。また詰め替えをするためには専用の工具も必要となってきます。さらに、印刷の品質はやはり純正には劣ります。また、詰め替えがうまくいかないとインクが詰まったりする危険もあります。もちろん、詰まった場合にはメーカー保証はありません。このように詰め替えインクを利用することにはある程度のデメリットを踏まえて使用しなくてはなりません。

しかし、そのデメリットを克服すれば多くの費用を軽減させることが可能ですので、とても優れています。

互換インクを利用


では、互換インクとはどのようなものなのでしょうか。純正インクとはプリンター本体の会社が出しているインクのことです。たとえば、キャノンのプリンターであれば、キャノンが出しているのが純正インクです。一方で、互換インクとはプリンター本体の会社以外が出しているインクのことです。当然ですが、自分の持っているプリンターの型番を調べてそれに対応している互換インクを購入する必要があります。

では、実際に互換インクを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。まずは純正インクよりも価格が安いということです。これは一番の魅力といえるでしょう。また、互換インクにも種類があるので、消費者として選択できる幅があるというのもメリットです。

一方で、互換インクを利用することにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。それは、印刷の品質です。やはり印刷の品質は純正インクが一番となっており、どうしても品質は落ちてしまいます。たとえば、写真などを印刷し、それをプレゼントする場合には純正インクを使用した方がいいでしょう。逆に、自分自身が目を通す資料などに写真を印刷する場合は、互換インクを利用した方がいいでしょう。そうすることにより、経費削減につながります。

インク費用が経費圧迫


経済的に不安定な世の中で、企業が生き残るために考えるのが、経費をどれだけ節約できるかということです。とはいえ、人件費を抑えることにはどうしても限界があります。その中で、意外と経費を圧迫しているものがインク費用です。いくら、パソコンやスマートフォン、タブレットが増え、電子データで書類を受け渡しする世の中になりつつあっても、やはり書類などはしっかりと印刷しないといけない場面がまだまだあります。そのため、インク費用は無視できません。

特に、インク費用で問題となるのはインクジェットプリンターの場合です。インクジェットプリンターの場合は、そのプリンターを製造している企業が純正インクを販売していますが、その価格は場合によってはプリンターよりも高い場合があります。これは、消費者にとっては悩ましい問題です。純正インクを数回交換するだけでプリンター本体よりも高くなるということは回避したい事実です。

では、インク費用を安く抑えるためにどのようなことをすればいいのでしょうか。リサイクルのインクカートリッジを利用する方法もありすが、実はインクには純正インクだけでなく、ほかにも種類があるのをご存知でしょうか。そして、そのインクを使用することで純正インクよりも費用は安くおさえることができます。その方法とは何でしょうか。その一つは互換インクを利用するというものです。もう一つは詰め替え用を利用するという方法です。では、それぞれのインクには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。